あたで新聞取材

2017年11月22日

宮崎営農センター経済窓口入り口にある看板?その内容が興味深いと地元宮崎日日新聞社が取材に、内容は宮崎市内で使われる方言が標準語?に翻訳されている掲示版、代々の担当者が農家組合員とコミュニケーションを図る上で、宮崎弁は重要とのことから蓄積されたきたものか?、若い職員にはJAのビジネス用語として重宝されてきました、機会があれば是非ごらんください、場所は宮崎市宮崎育成牧場に向けて ひゃらひゃーと行った所です
新聞社の取材 その方言の多さにびっくりでした


同じカテゴリー(宮崎支店営農)の記事画像
えがおの種まき活動 青年部
やまいき南瓜の宮崎市長贈呈
生目特産黒皮南瓜いよいよ本格出荷!
黒皮南瓜の販売市場へPR
年末組合長農家巡回
小学生のハウス学習
同じカテゴリー(宮崎支店営農)の記事
 えがおの種まき活動 青年部 (2017-12-22 11:32)
 やまいき南瓜の宮崎市長贈呈 (2017-12-21 09:32)
 生目特産黒皮南瓜いよいよ本格出荷! (2017-12-08 11:49)
 黒皮南瓜の販売市場へPR (2017-12-04 15:33)
 年末組合長農家巡回 (2017-12-01 18:07)
 小学生のハウス学習 (2017-11-22 16:40)

Posted by JA宮崎中央 at 10:35│Comments(0)宮崎支店営農
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 14人
オーナーへメッセージ
みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
みやchan facebookページみやchan twitter
削除
あたで新聞取材
    コメント(0)