小学校での胡瓜学習

2017年11月15日

宮崎市にある住吉小学校3年生で胡瓜について食育授業を実施、宮崎支店胡瓜指導員浮田係長が本日の先生!なんとこの方宮崎市の教科書に胡瓜の指導員として「JAの浮田さん」で登場しています。はじめの紹介でもみんな有名人に出会ったかのような食いつきぶり、授業も勢いそのままにみんな熱心に聞きいっていました。胡瓜の種から栽培方法、収穫などを通して説明、質問コーナーは一本の木に何本なるの?農薬についてや、JA宮崎中央はワンタッチ胡瓜で出荷していますがそのワンタッチ胡瓜の意味とは?など活発な授業内容でした。
教科書に載っているJAの浮田さん

いろんな質問が~  

Posted by JA宮崎中央 at 13:11Comments(0)宮崎支店営農

メロン市場販売督励の実施

2017年11月10日

11月9~10日の日程でアールスメロンの出荷を間近に控え、JA宮崎中央メロン部会の市場視察を実施、宮崎支店の平田部会長以下2名の役員にて、名古屋セントライ青果と静岡の種苗会社を視察、市場関係者との懇談では現状メロン価格もいいことから、今後の動向予測や高単価販売への期待感を伝えられました。またメロン種苗会社では現在試験されている対病性の品種を視察、今後の品種選定の研修も行いました。

市場担当者との懇談


新たな品種の研修
  

Posted by JA宮崎中央 at 16:41Comments(1)宮崎支店営農

本格出荷前に

2017年11月09日

11月に入り本格的な胡瓜出荷最盛期を前に生産者およびJA、検査員による胡瓜の出荷検討会を実施、宮崎支店管内5支店では約130名の胡瓜生産者が栽培に励んでおれれます、今週それぞれの支店において出荷の際の出荷基準の統一を目標に検討しています。品質規格の統一で信頼を全国に!

  

Posted by JA宮崎中央 at 11:02Comments(1)宮崎支店営農

MVP350特別企画ベジチャレンジ2017

2017年10月31日

10月15日(日曜日)に佐土原総合文化センターで、JA宮崎中央と宮崎市による「MVP350特別企画ベジチャレンジ」が行われました。

地域住民21名参加のもと、野菜ソムリエ湯浅さんによる「野菜講座」JA宮崎中央産の野菜を盛りだくさんに使ったインスタ映えするサンドイッチを作りました
音符


皆さんは「MVP350」ってご存知ですか?

生活習慣病を予防し、健康な生活を維持するための目標値のひとつとして、厚生労働省では、1日350g以上の野菜類の摂取を呼びかけています。そこで宮崎市は、市民に1日350gの野菜を摂取していただき、健康づくりにつなげていただくため、『MVP350』(ミヤザキ・ベジタブル・プロジェクト350)に取り組んでいますニコニコ


早速、どの位の野菜量が350gになるのか、参加者みんなで重さ当てクイズをしてみましたちっ、ちっ、ちっ

どこ位の量が1日に必要なのか考えながら測っていましたキョロキョロ

そして、実際JA宮崎中央管内の野菜(350g)分を使ってサンドイッチを作りましたピカピカ


サンドイッチは手軽に作れて野菜をたくさん摂取できるという事で、男性もお子さんも参加しました!!!




JA宮崎中央管内で、こんなにもたくさんの野菜が生産されているという事を知らない方も多くアセアセ
「全てJA宮崎中央産ですよ!」と伝えると更に美味しさUPアップ






出来上がったサンドイッチは、早速みんなで試食を行いましたニコニコ


今後もみやざき中央農産物ファン拡大事業は、地域の方にも美味しい青果物のPRを行って、地産地消も推奨していきます!


  

Posted by JA宮崎中央 at 13:56Comments(0)ファン拡大

繁殖牛部会研修

2017年10月31日

本日は畜産部主催による繁殖牛を主体に経営を行っている宮崎支店管内生産者の研修会を実施、生産者や関係機関の担当者約70名が参加
県家畜改良事業団から県の種雄牛造成の現状と今後活躍が期待される種牛の解説を交え事業団の種雄牛改良の成果などについて研修を行った、宮崎牛の改良には常に将来を見据え生産者と行政の結束が必要だと感じる研修でした。


  

Posted by JA宮崎中央 at 12:54Comments(0)宮崎支店営農
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 13人
オーナーへメッセージ
みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
みやchan facebookページみやchan twitter